シアリスの有効成分のタダラフィルを詳しく解説しています。

    タダラフィルについて

  • 笑顔の女性

    シアリスの有効成分は、タダラフィルといいます。

    この成分が含まれている量に応じて、5ミリグラム、10ミリグラム、20ミリグラムの3つに分類されています。

    シアリス以外のED治療薬には、シナデルフィルや、バルデナフィルという成分が配合されていますが、どの成分もPDE-5と呼ばれる酵素に働きかけ、ペニスが勃起するのを促進してくれます。

    ですが、成分の持つ構造については、それぞれ違っているので、得られる効果は同じでも、そのプロセスで違いが生じていきます。

    一番大きな差は、効果が現れたり、持続したりする時間になります。

    タダラフィルは、構造がブロック状になっていることによって身体の中に吸収されるのに時間が必要となります。

    しかし、その分効果が長い時間持続することに繋がることになります。

    タダラフィルは、PDE-5と呼ばれる酵素に働きかけて勃起をしやすい状態にしてくれる効果を得られることが期待できる成分となります。

    ホスホジエステラーゼ5とも呼ばれる、PDE-5という酵素が活性化し過ぎると、ペニスの中の血液の流れに大きな関わりがあるcGMPと呼ばれる物質を必要以上にたくさん分解されてしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。

    このことが原因となって勃起しにくい体質になってしまいます。

    タダラフィルは、PDE-5の働きを抑制する効果があるので、本来の勃起できる体質に戻してくれる効果を得ることが期待できるという訳になります。

    ですので、この有効成分は前立腺肥大症の治療薬に配合されている成分の一種としても使われています。

    前立腺肥大症の治療薬として使われる場合には、緊張している膀胱平滑筋や、前立腺を緩める効果を得ることが期待できます。

    勘違いしてはいけない点として挙げられるのは、シアリスには、催淫効果を得られる訳ではなく、ペニスを強制的に勃起させる効果を得るものではないということです。

    あくまでも勃起を自然に促進させる効果が得られるので、服用した後に性的な刺激を与えられなければ勃起することはありません。

    他のED治療薬と同様に、シアリスには偽物が販売されていることがあります。

    日本の国内では販売されていないのですが、海外の通信販売などを利用して購入したときには偽物を購入してしまうことがあります。

    偽物を購入してしまったときには、タダラフィルが有効成分として、きちんと配合していないことがあり、正規品のシアリスと同じ効果を得ることは期待できません。